トップ

乳酸菌でアトピー改善

乳酸菌でアトピーが改善する

乳酸菌で腸内環境を整える

ひどいかゆみを伴うアトピー性皮膚炎。よくなったかと思うとまた悪化して、症状が繰り返し表れるのが特徴です。以前は子供が発症することが多いと言われてきました。しかし、最近では大人でもアトピー性皮膚炎を発症する方は増えてきています。

子供の場合、原因は遺伝的なものに加えて食物アレルギーなどが多いと言われていますが、大人になると遺伝的なものに加えてハウスダストや化粧品などの成分、ストレスなど様々な要因が重なって発症することがわかっています。

なかなかよくなることが難しいアトピー性皮膚炎ですが、近年乳酸菌との関係に注目が集まっています。ここでは乳酸菌の働きとアトピーの関係を見て行きたいと思います。アトピー改善のために乳酸菌を生活に取り入れましょう。

まず、遺伝的にアレルギー体質だとアトピーになりやすいのですが、具体的にアレルギー体質とはどういうことなのでしょう。

体に異物が侵入してくると免疫機能が働きます。IgE抗体という抗体が、侵入してきた細菌やウイルスなどを撃退するのですが、アトピーの方ではこのIgE抗体がたくさん作られすぎたり、過剰に働くのだそうです。

また、免疫細胞「Th1細胞」はアレルギーを抑え、「Th2細胞」はアレルギーを促進するのですが、アトピーの方ではこの2種類の免疫細胞のバランスが良くないのだそうです。アトピーの方の腸壁はバリア機能がもろくなっていることもあり、未消化のたんぱく質など体にとっての異物が腸内に侵入しやすいのだといいます。このためアレルギー症状を起こしやすく、お肌に炎症が起きることになるのです。

人の免疫の8割は腸内にあるそうです。ですから、アレルギー疾患であるアトピー性皮膚炎を改善するには腸内環境をよくして、免疫力を上げる必要があるのです。乳酸菌は腸内環境を整えて、腸壁を修復する働きがあるそうですから是非とも食生活に取り入れたいですね。